花

ED治療薬の種類

下を向く人

勃起不全が起こるEDは、完治させるには結構な時間がかかります。ですが、治療中であってもパートナーとの時間を大切にしたいということでEDの治療を受けながら日々過ごすという男性が多いです。そういった男性は、神戸に沢山存在しており、神戸の病院でEDの治療を受けて薬を飲みながら症状を改善できるようにしています。その処方される薬で今最も神戸の病院で多いのは、レビトラになります。レビトラは、バイアグラのリスクを軽減できるように開発された薬になります。それに、持続性も長くてパートナーとの時間を十分に楽しめるようになります。ですが、この治療薬を初めて飲むとなれば不安なことは沢山あるでしょう。ですから、レビトラについて詳しく説明していきます。

バイアグラは、食事の影響を受けやすいのですがレビトラはそれに比べて影響を受けにくくなっています。標準的な男性の一食分となる700キロカロリー分であれば、何も問題なく食べることができます。それに、レビトラは即効性を期待できるED治療薬になります。飲んでから約20分程度で効果が現れて、最高血中濃度まで40分から50分程度と言われています。ですから、性行為を行なう30分前には飲んでおくと良いとされています。服用する量は、5mg、10mg、20mgと人によって変動します。ほとんどは、10mgか20mgになります。どちらになるかは、医師に診断してもらった上で決めることになります。ですが、最初は10mgからスタートします。これで効果が出れば、その量で今後処方してもらうことになります。神戸の病院でも、10mgスタートとなりますので把握しておくといいでしょう。